板橋区におけるPM2.5の濃度をお知らせいたします

お知らせは、午前と午後の1日2回お知らせいたします



2017年 9月13日(水)午後のPM2.5濃度は 9.9 マイクログラム/m3です。

 

PM2.5濃度レベルは C です

 

 「レベルに応じた行動の目安」を参考にしてください。


 レベルに応じた行動の目安

レベルに応じた行動の目安は健康な成人を対象としており、高感受性者においては健康な成人と比較して
低いPM2.5濃度で健康影響が生じる可能性があります。

レベル 行 動 の 目 安
午前の結果
(午前5時~午前7時の1時間値の平均値によって1局の午前中の数値を算出し、測定局3局のうち、2番目に大きい数値)
午後の結果
(午前5時~正午の1時間値の平均値によって1局の午前中の数値を算出し、測定局3局のうち最大値)
A 「85マイクログラム/m3」超
「80マイクログラム/m3」超
日平均値が注意喚起のための暫定指針値である「70マイクログラム/m3」を
超える可能性があります。

不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動を出来るだけ減らしてください。
高感受性者の方は、体調に応じて、より慎重に行動しましょう。
B 「85マイクログラム/m3」以下
「35マイクログラム/m3」超
「80マイクログラム/m3」以下
「35マイクログラム/m3」超
1時間値の平均値が環境基準である1日平均値「35マイクログラム/m3」を超えています。

特に行動を制約する必要はありませんが体調の変化に注意しましょう。
C 「35マイクログラム/m3」以下
「35マイクログラム/m3」以下
1時間値の平均値が環境基準である1日平均値「35マイクログラム/m3」以下でした。

体調の変化等に注意しましょう。

※高感受性者とは、呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者等の方をいいます。
※各値は目安であり、健康影響の発生には個人差があります。

※Aレベル、Bレベル共に、午前と午後でレベルの判断を行う濃度範囲が異なります。
Aレベル 午前:85マイクログラム/m3超       午後:80マイクログラム/m3超
Bレベル 午前:35超~85マイクログラム/m3以下 午後:35超~80マイクログラム/m3以下

Aレベルの判断濃度が異なる理由
 午前の結果「85マイクログラム/m3超」及び、午後の結果「80マイクログラム/m3超」は、
 環境省が定める注意喚起の暫定的な指針で設定された値であり、板橋区ではこの値を超えたものを
 Aレベルとしています。

Bレベルの判断濃度下限値が午前の結果と午後の結果で変わらない理由
 各時間の平均値が、環境基準である1日平均値「35マイクログラム/m3」を超えていることを
 お知らせしています。



  本日のPM2.5濃度について

・PM2.5濃度は、板橋区内に設置された3つの大気測定局(相生町・板橋区本町・中山道大和町)
 における、次の時間の値を表示しています。
  午前:午前5時~午前7時の1時間値の平均値によって1局の数値を算出し、3局のうち2番目に大きい数値
  午後:午前5時~正午の1時間値の平均値によって1局の数値を算出し、3局のうち1番目に大きい数値

・PM2.5濃度の計算値は小数第二位を四捨五入しています。


  板橋区の対応

板橋区は、環境省が公表した「最近の微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染への対応」及び
「注意喚起のための暫定的な指針の判断方法の改善について」に基づき、区民の皆さんに
情報提供を行っています。

1 区内の相生町、本町及び大和町の3か所の測定局の測定値を用いて、暫定的な指針となる値である
  1日平均値が70マイクログラム/m3を超えることが予想される(朝の1時間値が85マイクログラム
  /m3を超える)場合には、その旨をホームページへ掲載し、不要不急の外出や屋外での長時間の
  激しい運動を出来るだけ減らすなど措置がとれるようにします。

2 板橋区では、日平均値が70マイクログラム/m3以下と予想される場合であっても、朝の時点の
  測定値の平均が環境基準である1日平均35マイクログラム/m3を超えるような場合には、
  高感受性者である呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者等の方への情報提供の
  ためにホームページへ掲載します。


  PM2.5濃度の求め方

本ページで掲載しているPM2.5濃度は次の方法により求めています。

1 相生町測定室と板橋区内に東京都環境局が設置する大気測定局2か所(本町・大和町)
  の測定結果のうち、午前及び午後に該当する各時間の1時間値の平均値を掲載します。

 

2 PM2.5の測定に欠測等が発生し、正確な予測が出来ない場合は、本日の濃度を
  表示できないことがあります。


  微小粒子状物質(PM2.5)とは

 大気中に漂う粒径2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた粒径10マイクロメートル以下である浮遊粒子状物質(SPM)よりも小さな粒子です。PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの30分の1程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています。


  微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準

1年平均値が15マイクログラム/m3以下(長期基準)であり、
かつ、1日平均値が35マイクログラム/m3以下(短期基準)であること。

 環境基準とは、人の健康を保護するうえで維持することが望ましい基準であり、環境基準を超過したことのみで、健康影響が生じると考えるべきものではありません。


板橋区では、PM2.5濃度レベルがA又はBになった際に、区ホームページのほか、板橋区環境課公式ツイッターにより
PM2.5濃度情報をお知らせしています。板橋区環境課公式ツイッターはこちらから(別ウィンドウで開きます)


なお、区ホームページ及びツイッターによるPM2.5情報のお知らせについては、平日のみ の対応となります。

 大気汚染状況の確認方法

  • 東京都内の大気情報を確認することが出来ます。

     現在の板橋区内のPM2.5濃度については、一般局:板橋区本町、自排局:中山道大和町をご覧ください。

    東京都環境局ホームページ「大気汚染地図情報」(別ウィンドウで開きます)

  •  関連リンク


     連絡先

    資源環境部 環境課 環境調査係

    電話番号:03-3579-2593

    FAX番号:03-3579-2589